サン情報サービス株式会社は、1987年(昭和62年)の設立以来、四半世紀にわたり培ってきたノウハウを駆使した「機能性の高いソフトウェア」を提供し、未来を切り開き、社会に貢献し続けています

Home >納入実績 >マイグレーション


 マイグレーション導入事例


お客様の築き上げてきたCOBOL資産をそのままに、新しいシステムでお使い頂けます。

ACUCOBOLからopensource COBOLへマイグレーション導入事例 お問い合わせ先 03-5800-4231 担当:営業部 佐々木

新基幹システムへの要望
  1. Microsoft Windows 7に対応したシステムを構築したい。
  2. 新基幹システムでも、現行システムと同じ運用としたい。
  3. 画面に表示される情報や、操作性を変えたくない。


基幹システム概要
業務 会計、購買、給与    他
利用者 50名



マイグレーション規模
PG本数
(ステップ数)
1200
(130万)
画面数 660
帳票数 500
データベース テーブル数 600


マイグレーション期間
  • 要件定義から本稼働まで、約6ヵ月で完了

マイグレーションのコンセプト
  1. リライト方式により、ACUCOBOLからopensource COBOLへマイグレーションします。(Windows版)
    ※動作環境:Microsoft Windows Server 2008 R2
  2. 原本のロジック(業務ロジック)を、プログラマーが直接編集することはありません。
    ※マイグレーションツールが、ACUCOBOLで書かれたロジックを解析し、最適化します。
       そのため、解析するパターンが増えるほどマイグレーションツールは成長し続けます。

既存資産とマイグレーション後の資産



ソフトウェア構成図(新基幹システム)

新基幹システムのソフトウェア構成図

システム概要図(新基幹システム)

新基幹システムのシステム概要図

このページの最初に戻る